2015年05月19日

えりものバフンウニ

「えりも町」という町をご存知でしょうか。森進一の歌で有名な「襟裳岬」という曲の町です。札幌から日高の海沿いを通って200kmほど走ると到着します。時間にして4時間くらい。200kmというとそんなにかからないと思うんですが、途中微妙に街があちこちあって、しかも国道一本道一車線で信号が多く、かなり時間がかかってしまいます。
えりも漁港位置.jpg

そのえりもがGWあたりもバフンウニの旬になります。4/29にウニ祭りが開催されて大盛況でした。一番の目玉は「殻付ウニの販売」。まあ、到着が遅れて殻付は、全く買うことができなかったんですけどね。病。超並んでた。

えりも漁港の風景。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

image.jpg

しかし。DJカニの主要な目的は「塩水ウニ」を手に入れること。会場は混みまくってて、嫌な予感。こりゃまずいという直感の元、漁協の直売所へDASH。なんとか少しだけあった、へんなおばさんがウニの前に居座ってなかなか届かない。すいませーん、と声をかけ、3パックを手に取る。すると、周りの人も、残り数パックになり危機感を抱いたのか、その後ソッコーでなくなった。邪魔していたおばさんは結局買えず。ここから得られる学びは「チャンスに決断できない人間はウニを食えない」という事ですな。笑。

えりものバフンウニ。
image.jpg
漁期は2月半ばから5月までくらいとのこと。4月後半の時点ではかなり成熟が進んで大型の粒になっている、とのことです。最近は、えりものウニをブランド化させようと頑張っているようで。意気込みを感じました。

image.jpg
開けてみた印象。まずは、粒がデカな〜、どれも、大きいわ。小さいのは混ざっていない。後、色目が綺麗だね!濃い色だ。色による選別はしていないんだな、と。少し、熟成しすぎたのかな、表面がボソついている感じ。

そうは言っても、大きい粒はゴキゲンだね!
image.jpg

image.jpg

image.jpg

ウニはやっぱり日本酒だね!
image.jpg

味については、結論から言いますと「旨かった」。

羅臼とかオホーツクほどのインパクト、キレはないものの、甘みもコクも十分にあり、粒も大きいという事で食べ応えもあり、いいですね。季節がもう少し早ければ、シャキッとした味わいを感じることができたのかもしれません。なので、これで完全に理解したとは言えませんね。来シーズンの楽しみとしておきましょう。

とは言え、やっぱりなんだかんだ旨いよね。
コンビニで売っている電子レンジ白米に豪快に乗せる!食いつく!口の中に来たッッ!
image.jpg
改めてみても、粒の大きさ、色目は非常に綺麗でいいなぁ、、、と感じてしまいました。えりも、やるね!

えりものウニにリスペクトを混めてここで一曲。
『♪襟裳の春は〜ウニのある春です〜♪』





posted by DJカニ at 22:26| Comment(0) | うに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

小川の羅臼産エゾバフン

ウニに飢えていた。。。そこは函館地方市場であった。仲買さんでウニが並んでいた。買うしかなかった。。。

image.jpg

という事で、小川の羅臼産バフンウニ。色目は相変わらず黄色くていい感じですね。前回記事にも書きましたが「小川商店」さんというのは剥き屋さんという業種のようです。殻付を買って自社で剥いて加工して出荷しているというお仕事のようです。
image.jpg

大きさは比較的揃っています。少し粒感が弱っている感じですが、まあ大丈夫でしょう!
image.jpg

早速、ご飯に乗せて食うわけですよね。このように見てみると溶けているわけではなく、問題ないですね!
image.jpg

角度を変えて。いい感じですね。
image.jpg

食べてみると、、、
image.jpg

羅臼産に特徴的なこの濃厚な感じ。甘さ、コク。しっかりと感じます。やはり羅臼昆布のある海で育ったバフンウニ。とても旨い。これはどこへ持っていっても十分に喜んでもらえるものでしょう。産地で食べるのがとても楽しみになりますね。


◆ロシア産塩水パックについての印象◆他にも、ロシア産というのもありましたが、色目黒っぽいもの多く悪く、粒の大きさも小さく縮れてしまっている感じ。味については問題ないということでしょうが、あまり推奨はできないように思います。当然ロシア産でも良品もあるのでしょうが、塩水パックになって並んでいるものはあまり良くは見えませんでした。当然、価格はワンランク、ツーランク下の扱いでしたね。パスタとか、ソースとかにして調理して食うのであれば十分なのかもしれません。
posted by DJカニ at 14:59| Comment(0) | うに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

函館塩ラーメン、あじたか

函館に行くと必ず「塩ラーメン」を食べます。いつもは「西園」に行くのですが、その日は臨時休業でやっていなかったので、五稜郭公園近くの「あじさい」に行こうと思ったのですが、めちゃ混んでて、並ぶの嫌いなので、近くにある「あじたか」に行きました。

image.jpg

ここは、ピカソラーメンとか不思議なネーミングのラーメンがあるお店のようです。大学の時に函館住んでたときには一回も行った事がなかったんですよね。でも、昔もっていたラーメン本に載っていたな、と思い出して、まあいっかいい匂いしたし。ということで、入ってみました。

image.jpg

色々な創作ラーメンができるためには、基本の塩ラーメンができているから。塩ラーメンを頼みましたね。ハッキリ言って、美味かったわ!塩味に深みがあり、麺もよくある感じではなく、粘りがあってモチモチしている。いい感じ。

今まで行っていなかったのがもったいない!常連さんも来ていて、にぎやかな感じでしたね。大将も気さくに話して頂けてとても楽しかったです。

また行って別のラーメンも食べてみたいですね。

是非とも、函館行ったら、定番の観光本に載っているお店意外にもいいお店があるので、トライですね!
posted by DJカニ at 22:04| Comment(0) | ラーメン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。