2015年08月28日

雄武のずわいがに

雄武ではズワイも揚がっています(5月の話ですが、、、病)。

雄武の位置
雄武c.jpg


image.jpg
前浜のモンなんで、当然冷凍はしていないモノです。相棒は冷凍していないズワイガニを食べたことがないということだったので丁度良かった。

一番のポイントは、フレッシュなトロトロのカニミソとプリプリの繊維感たっぷりの脚肉でしょうね。

カニミソはしっかりと入っている。このチルド品特有のトロトロクリーミー感が分かりますでしょうか?
image.jpg

ミソをかき集めるとこんな感じ。ああ、、、旨そう。。。
image.jpg

脚肉です。この繊維感はやはりチルド品ならではですね。
image.jpg



こちらは、冷凍モノの感じです。違いが分かるでしょうか?モチロン冷凍品がダメというわけでは全然ありませんが、出来る事ならチルド品を食べてみたいものですよね。
image.jpg

DJカニは全部剥いてから食べる派なのです。夜の外(網走でキャンプ張った苦笑)だったので、写真が暗くてよく分かりづらいですが、、、
image.jpg
美味しそうでしょう。下の写真は冷凍品で、見るからに瑞々しさの違いが分かると思います。やはり、カニミソに身をほぐして入れてケチョケチョに混ぜて食べるのが一番旨いですね。

image.jpg
これはこれで、旨そうですがね。

最近カニ食ってないですなぁ。

雄武のズワイも旨かった!!



posted by DJカニ at 21:22| Comment(0) | かに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

網走のしじみ

網走で巨大なシジミが獲れることを知っているでしょうか。DJカニは知りませんでした。なんとなく聞いたことはあるくらいの感じですかね。

藻琴湖b.jpg

網走のシジミは、北海道で一番の漁獲量。8割を占めているということ。一大産地ですね。網走湖と、藻琴湖で獲れているようです。網走湖の漁期は5月〜10月、藻琴湖は12月〜3月のようですね。

image.jpg
種類はヤマトシジミ
マルスダレガイ目‐シジミ科‐シジミ属‐ヤマトシジミ

殻が最高で35mmくらいのサイズになるようですね。よく見るものは小さいですよね。網走のシジミはなぜ大きいのか??網走のシジミは23mmより小さいものは獲りませんので、大きいものが出回ります。とても人気で品薄のようですね!写真から、サイズが分かりますでしょうか。

さて、早速食べましょう。ということで、キャンプを張ったので(GWのハナシです。。。)、野外料理になります。

◆酒蒸し
サイズがあさりくらいあるので、酒蒸しにしても身を十分食べられます。食べ応えも十分!
image.jpg

火にかけて、早速食べる。殻も開いて、身が見えるでしょう。あまりやりすぎないのがポイントなのかしらね。堅くなると嫌だからさ!
image.jpg
実際に口に運んでみると、アサリとは違う、北海道らしい粗野な味わい。歯ごたえもあり、食べたという満足感は大いにありますね!

◆しじみの味噌汁
特に出汁を取らないで水そのままでシジミの味のみで勝負!!
image.jpg

白濁してきましたね。シジミならではの濁り!いいですね〜。
image.jpg

味噌を溶いて完成。ハッキリ言ってパンチが違う!!めちゃくちゃ旨い!!これは本州の人たちも好きなんでしょうね。品薄なのも分かりますわ!!

シジミを改めて良いものだな〜、しかも北海道でこんなん取れているんだと関心しましたね!青森には負けんぞ!!
posted by DJカニ at 19:41| Comment(0) | 貝類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。