2014年04月03日

メバル・ソイの仲間

春になると、よく見かける魚のうちの一つにメバルが挙げられましょう。一年中見るよ、と言われても、確かに、ともなるのですが、やはり春がいい時期。水温が上がる夏は良くないようですね。

しかしながら、メバルって言われても似たような魚もいっぱいいるよなと思いまして、自分の中で一度整理しようと思いました。まずは、大きく見ると「カサゴ目−カサゴ亜目−フサカサゴ科」の下にくる魚たちなんですね。つまり、メバルはカサゴと近いんですね。確かに似ているワケだ。

自分で写真を持っているものを紹介しましょう。

◆フサカサゴ科−メバル亜科−メバル属
メバル類、ソイ類がここに属します。

マゾイ
image.jpg

クロソイ
image.jpg

シマゾイ
image.jpg

ヤナギノマイ
image.jpg

ガヤ(本名エゾメバル)
image.jpg

ウスメバル
image.jpg

ハチメ
image.jpg

こいつらは、煮付けが一番旨い食べ方だと思っています。次に、アクアパッツァにしても相当うまい。塩焼きでもいいでしょうね。鮮度によっては刺身でもいいでしょう。結局全部旨いって話ですが、やっぱり煮付け!

◆フサカサゴ科−キチジ亜科
キンキ(本名キチジ)
image.jpg

image.jpg
言わずと知れた、高級魚。酒蒸しキンキ死ぬほど旨い。釧路の炉辺屋さんで。

image.jpg
湯煮のソースがけ、家庭で食べるときはこれですね!メシウマ

分類学的に、魚を眺めると、頭の中が整理されますし、何より面白いですね。それに、自分が好んで食べている魚の傾向もわかる。カサゴも仲間ということで、そちらも食べないといけないですね。

オマケで、似たような魚も併せて載せておきましょう。

ごっこ(本名ホテイウオ)
image.jpg
トクビレ科−ダンゴウオ属−ホテイウオ

image.jpg
間違いなくごっこ汁でしょう。函館の心。

ホッケ(写真の上の二匹)
image.jpg
アイナメ科−ホッケ属−ホッケ

image.jpg
開きの焼きでしょう!最近は北海道で刺身も流行っています

アイナメ
image.jpg
アイナメ科−アイナメ属−アイナメ
刺身美味

ハッカク(本名トクビレ)
image.jpg
トクビレ科−トクビレ属−トクビレ

image.jpg
刺身ウマ!から揚げもウマ!トゲトゲの皮も焼けばウマ!



ホウボウ
image.jpg
ホウボウ科−ホウボウ属−ホウボウ
刺身、から揚げ美味

マゴチ
image.jpg
コチ科−コチ属−マゴチ
刺身に限る、薄造り激ヤバ!

さあ、魚を食べましょう!


posted by DJカニ at 00:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。