2014年07月09日

宮崎県延岡市 北浦漁港 塩作りの見学

先日、宮崎県延岡市の北浦という所へ行ってきました。そこで、塩作りをしている小屋を訪ね、見学させてもらいました。当然買いましたよ。

image.jpg

麦わら帽子を被った40歳くらいの方が作業をしていました。作業の傍ら、あれやこれやと質問を投げかけ邪魔をしていましたが、にこやかに答えてくれました。いい人でしたね。

「株式会社日高純塩」という会社のようですね。株式会社?そうだったんだ。小屋だからてっきり個人的にやっているのかと。
image.jpg

海水を沖合いまで行ってもってくるらしい。そして、布にしみこませて、気化する際の温度の差を利用して、高濃度の塩水を作る。天日で水分を減らしていく。様子をみながら干す時間を変えていくらしい。
image.jpg

釜は、二つあり、交互に使っているようだ。高濃度にした塩水を入れて、下から薪をくべて、煮詰めていく。
image.jpg

今回は左側の釜で完成に近い状態。右は、先ほど紹介した高濃度の塩水を入れたところ。
image.jpg

煮詰めていくにつれて、カルシウムが析出していく。カルシウムは比較的析出しやすく、これがあると味が嫌な味になるので、カルシウムはしっかりと取り除く必要があるとのことだった。この浮いているのがカルシウムだ。
image.jpg

ある程度煮詰めていくと、焦げてくるということなので、かき混ぜなければならない。
image.jpg

根気と体力のいる作業だ。混ぜるのも、コツがいるらしく、混ぜないと粗すぎる結晶になるらしい。経験による勘が頼りだと。難しいものですね。
image.jpg

そして、煮詰めたらザルで濾す。不必要なマグネシウムを多く含んだ液体を除く為だ。マグネシウムが多すぎると、苦い塩になり、とても食べれたものじゃないと。

出来た塩はこんな感じ。味は、確かに海の塩って感じですね。刺す様なしょっぱさ。そうは言っても天然手作りなので、どことなく丸みもある。料理に使うのもいいでしょう。個人的には焼き魚の焼く前の塩にしたら良いんじゃないかなと思っています。
image.jpg

パッケージ。インターネット販売もしているらしい。360g入り。結構な量だぜ!間違ってもパスタを茹でるとか、魚の臭み取りとかには使わないで下さい!
image.jpg


いいモノを見させてもらいました。塩つくりを見たのは初めてだったので、良い経験でした。塩にも興味があるので、大変楽しかったです。



posted by DJカニ at 22:20| Comment(0) | 港巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。