2014年08月11日

羽幌の朝 羽幌港

今回のメイン活動の一つである、天売島、焼尻島へのアクセスは、羽幌から「羽幌沿海フェリー」で行く。そのために、札幌から羽幌へ移動だ。苫小牧から札幌に着いて、魚を食って気合を入れて出発。

ルートは、国道5号を北上し、青看板にそって、留萌のほうへひたすら走る。231号から232号へ入る。それだけ。しかし、最近はどうもこの道がキナくさい。なんか、どっかこっかで、通行止めがあったりする。前回の利尻礼文へ行った際も、大雨で通行止めでえらい目にあった。

今回は、、、。大雨の影響で土砂くずれ、迂回を。やっぱり。まあ、たいした迂回じゃないから良かったけど、真夜中の一人は、妙に緊張するものだ。

苫前でなんとも美しい景色。きっとストイックなDJカニにご褒美をくれたのだろう。
image.jpg
この道は、海沿いで、しかも、電灯がほとんど無いから、月や星がとてもきれいなんだ。車も少ないから、休憩がてら、缶コーヒーを片手にキメる。気分はいい。

朝三時。羽幌へ到着。サンセットビーチなるものがあり、キャンプをしている連中の楽しそうな声が聞こえる。まだ呑んでやがるのか。。。中には、若い男と女が夜道を歩いているのもいた。チクショ!そんな事にも目もくれず、羽幌漁港へ。横には、フェリーターミナルもある。

羽幌の月。漁港から見る月もまた格別。
image.jpg

日曜だってのに、漁に出ていた船が帰ってきている。お疲れ様です!!
image.jpg

月の明かりの下に交わる。幻想的な景色。
image.jpg

足早に交差し、過ぎていく、人生のようだ。
image.jpg

漁港はきれい。羽幌には、北るもい漁協。結構しっかりした組織のようで、パンフレットなども充実。イカ釣り船。立派な船。
image.jpg

こっちもイカ釣り船。鳥取って書いてある。出稼ぎかな。ようこそ!何日かかるんだろう。
image.jpg

フェリーターミナル。こじんまりとしていて、かわいらしい建物だね。
image.jpg

何かの記念碑。北の蒼い海とかいてあるらしい。読めるか!!
image.jpg

フェリー。おろろん2。なかなかこじんまりとしていい感じの船だ。
image.jpg

ORORON-LINE。かっこいいネーミング。
image.jpg

太陽がピース。平和ですね。なんとなく、札幌と羽幌って似てるよな、響きが。
image.jpg

こっちは、高速船さんらいなぁ。さきっちょが尖っている。
image.jpg

萌キャラの絵が書いてある。
image.jpg

羽幌、焼尻、天売って書いてある。
image.jpg


結構疲れたから、出航時間まで一眠りしよう、と、思ったけど、全然眠れない。気分が高揚しているんだろう。羽幌の町をうろつく事にした。

夜明けだ。
image.jpg

今日は、凪だ。凪とは、海が穏やかな状態の事。本州では、台風で大騒ぎしているのが嘘のようだ。
image.jpg

THE北海道の道、って感じ。オービス注意!
image.jpg

巨大オロロン鳥のモニュメント。市街地から約3キロ北にある。
image.jpg

image.jpg

国道から、一本海側の道に入る。舗装はされているところと、砂利の所があり、草に両脇から囲まれる。
image.jpg
ここには、キタキツネが数匹いた。警戒心が強いのか、さっさと逃げられてしまった。しかし、キタキツネに触ってはいけないのです。エキノコックスという寄生虫につかれたら死にます。

この外れた道は、いい。海の様子が良く見える。なにやら、一艘の小船が、何を獲っているのでしょう。
image.jpg

海面に一人たたずむ。俺と一緒だな。
image.jpg

うっすら、焼尻、天売が見える。右の色が少し濃いのが焼尻、左のうすーく見えるのが天売。だと、後で分かった。ワロス。
image.jpg

羽幌漁港を外側から眺める。
image.jpg

密漁は絶対にいけません。最近は、マジで厳しいから覚悟しろ!というか、するな!
image.jpg

漁港の港湾内の様子。奥に見える白い建物が漁協の建物みたいですね、市場になっている。
image.jpg

羽幌地方卸売市場。いわゆる産地市場ですね。平日なら、様子を見れたのだが、残念。
image.jpg

羽幌と言えば、「甘エビ」です。羽幌は甘エビが日本一だかなんだかで、かなり力を入れている。真っ赤な甘エビ、食べたいですね!

甘エビの籠漁の船だ。
image.jpg

「北えび籠」と書いてあります。
image.jpg

籠がきれいにしまわれている。
image.jpg


サンセットビーチ。キャンプをしている人たち。早おきな人(酒呑んでない人)は早速遊んだりしている。ケンミンSHOWで見たんだけど、砂浜でキャンプするのって北海道の風習らしいんだよな。当然のことと思うんだけど、どうもそうらしい。各テントの前には、当然BBQのコンロが置いてある。朝は、これで焼きそばを作るのが定番のコースか。
image.jpg

砂浜に出てみる。今年というか、漁港は行くけど、砂浜のいわゆるビーチってのには、もう何年も行っていなかった。海は冷たそう。すぐに唇が青くなるんじゃないかな。
image.jpg


朝の羽幌はなんともいい感じだった。これは、天気が良かったおかげだ。やっぱり、各港に出向いていって、現場を見るというのは、すごい勉強になるね。出来れば、漁協の人とも話をしてみたかったのだが、日曜だったのと、早かったから、売店も開いてないということで、それは断念。

さあ、いよいよ、天売焼尻に行くぜ!本当は、天売で一泊するはずだったのだが、翌日船が出ない可能性が激高という事で、両方あわせて日帰りにすることにした。かなり弾丸コースだけど、仕方ないね。

羽幌はなかなかいいところなので、皆さんも是非とも行ってみて欲しいな。



posted by DJカニ at 20:47| Comment(0) | 港巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。