2014年11月10日

ズワイガニのメスの茹で方 

ズワイガニのメスの茹で方を紹介しましょう。意識するポイントは、でっかい鍋で可能な限り多いお湯で茹でること。そして、内子(卵になる前の卵の卵)があるから、それを固めないといけないということでしょうね。まあ、ミソを固めるイメージでやればいいんですけど(塩分濃度が関与)、一応紹介しましょう。


ズワイガニのメスの茹で方

茹でる前はこんな色あい。
image.jpg

image.jpg


@お湯を沸かす、塩の計測
たっぷり沸かしましょう。今回は、小さめのメスを3尾茹でるのに3リットル。もし、中くらい、大型なら2尾で3リットルは欲しいですね。
そして、塩は4%〜4.3%くらいですね。なので、3リットルのお湯であれば、下記の写真くらいは必要。
image.jpg


Aカニをガンガン冷やした氷水に沈める
これをやる理由は、カニを気絶させる為。やらないと、熱いお湯に入れると、驚いて、自身で脚をすぽっと抜いてしまうんですよね。活で元気良いならマストです。
image.jpg


Bお湯が沸いたら、甲羅を下にして入れる
必ず甲羅を下にして入れて下さい。ミソがたれる可能性があるから。そして、落し蓋というわけではないんですが、沸騰の勢いで上に浮いてくることもあるので、ちゃんとお湯に浸るように沈めてやりましょう。

湯で時間は、だいたい16〜20分。身入りが良い、サイズが大きいなと思えば長くして、まあだいたい17分、18分というところが良いでしょうね。キチンと測ってよ!!
image.jpg


C粗熱を取る
タイマーが鳴ったら、カニを取り出して、水道水でざーっと流して、粗熱をとります。ここで、ホカホカ感を楽しみたいなら、さまし具合を調節してください。場合によっては、水を切っておくだけでいいかもしれませんね。しかし、DJカニの場合は、冷やしてから剥いて食べるのが好きなので、この後、さらに氷水にぶち込んで5分くらいは冷ましますね。
image.jpg
茹で上がると、色がオレンジに変わった!

image.jpg
裏側。


と、まあ、こんな感じ。やったこと無い!という方も多いと思いますが、やってみると簡単ですし、茹でてないカニが売っていても対応できるようになるから、幅が広がります!是非ともマスターしてみて!!


posted by DJカニ at 14:00| Comment(0) | かに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。