2014年12月28日

福井を食らう 桜すし二ノ宮店

先日、福井県を訪れました。この時期(セコガニ:ズワイのメスが食べれる時期)には毎年来ています。

その際に、必ず立ち寄るお店。それが「桜すし二ノ宮店」。

熟練の大将が色々なお話を聞かせてくれて、鮨を楽しむことができるというお店。鮨好きなら是非ともチェックしておきたい。価格も福井県ということで、リーズナブルに楽しむことができる。

DJカニとしては、まずは2000くらいのコースで一通り食べてから、それに入っていない旬のモノをお好みで食べるようにしています。

@セコガニ軍艦
image.jpg
身とミソと内子と外子をミックスしたものを軍艦で。さすが福井って感じの一品ですね。旨い!!

A〆サバ
image.jpg
福井といえばサバは外したくない。魚の状態を見て熟練の技で〆ているんでしょう。まあ、40年以上やっている大将だから旨いのは当然。

B小鯛の昆布締め
image.jpg
福井県の名産品に「小鯛のささ漬け」というものがあります。それとはちょっと違いますが、小鯛の半身を昆布で〆たものですね。ほんのり甘みのある一品です。小さい鯛を半身にしていくので、細かい作業になります。旨い!

C寒ブリ
image.jpg
この時期の北陸では寒ブリは欠かせません。ちゃんとしたいいところを仕入れているので、こりゃ旨いに決まっておる!!爽やかな身の味と上品なサッとなくなる脂と、シャキッとした独特の食感、それを引き立たせるネタの厚みとシャリとの兼ね合い、さすが熟練ということですよね。旨い!

Dダダミ軍艦(ダダミとはマダラの白子、北海道だと真ダチと言います)
image.jpg
北陸はダダミもよく食べますよね。鮮度の良いものでなければ生食はしないものですよね。これをポン酢で軍艦で食うわけで。当然旨いよね。

これは、料理としてもてんぷらとかもしてくれるのかな?そこは大将に希望を伝えると良いと思います。そのためにもカウンターに座って、舌だけでなく、目でも、耳でも楽しんで欲しいと思います。

あまり、お店の紹介はしないんですが、非常に美味しいし、良いお店だとおもいますので、ご紹介でした。


オマケ:福井といえば。。。
焼きサバ寿司
image.jpg
焼きサバの押し寿司?なのかな。あちこちで売っているし、そんな高いもんじゃないから、福井にきたら是非食べましょう!


セコガニ
image.jpg
スーパーの鮮魚コーナーで既に剥いているものもあります。剥くのが出来ないという方はこちらをチョイスですよね。カニ酢入りで、お手軽に食べられます。



posted by DJカニ at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。