2014年12月27日

函館の夜

毎年恒例。函館で一年の総括を相棒と行う。

そのホテルも毎年泊まる。和室が格安で泊まることができるのだ。やはり、年末は和室に限る。しかも、なぜか空いている。立地の問題だと思うのだが。有難いことだ。

部屋に、電気魚焼きを持ち込み、焼き物にも対応。刺身もさっさとやってしまう。なんとも便利な時代だ。

今年一年を振り返るには、この「北の一等星」を見ると良い。今年3月にはじめたこのBLOGも190近い投稿をしてきた。もうすぐ一年になるが、色々と書きたいことがあるうちは書いていこうと思う。

今年は、毛ガニ、ウニ、鮭、昆布、ししゃも、その辺について深まった一年だったし、北海道の海岸線を全て制覇した年だった。

オホーツクのヤバさを改めて思い知らされ、日本海の島をめぐり、釧路の魚種の多様性・物量に圧倒され、太平洋側のこれまで知らなかった魚種にもリーチできた、そして道南の底力を感じることもできた。いずれにしてもよく頑張ったなと思う。しかし、ここで足踏みしているわけにはいかないのであります。

まだ、もう少し年末あるので、さらに頭を整理したいと思う、なんとも肩に力の入った一年だったと思っている。


函館といえば、スルメイカ。年内はスルメイカ、ギリギリ間に合いましたね。年明けから5月いっぱいまでヤリイカになってしまいます。
ちょうど、朝どれ活があったので刺身に。やっぱり旨い。しかも安い。夏のあの高値はなんだったんだろう。image.jpg

image.jpg

一夜干し。函館自由市場の自家製だということ。実に旨い!身の厚さが一番のポイント。
image.jpg

なんだかんだ、一味マヨは必須。
image.jpg

良いゲソは焼くとむしろ柔らかくなるのだよ。
image.jpg


北海道なら、水タコだべ
image.jpg


宗八はケンカせず食べよう!
image.jpg


真ガレイ
image.jpg

ババガレイ
image.jpg

抱卵ニシン
image.jpg

image.jpg

ニシンは旨いね、やっぱり。
image.jpg


ごっこ一夜干し。ごっこは汁で食わんとだめだわ。ハッキリいってまずかった。焼いても焼いても皮膚のコラーゲンがはじき返して、身は水っぽいまんま。病。
image.jpg

image.jpg


今年はいろんなことがありすぎて、まだ少し頭の整理が付いていませんが、肩に力を入れず、残りの数日間を楽しみたいな。


posted by DJカニ at 06:02| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。