2015年01月01日

虎杖浜へ スケソウダラの水揚げ

年末、スケソウダラの水揚げを見学しに、たらこの生産で有名な「虎杖浜(こじょうはま)」へ行ってきました。

スケソウの水揚げの見学という目的もさることながら、たらこについては全く知識を持ち合わせておらず、ちょうど、スケソウの水揚げの時期に行けば何がしかの知識を得ることが出来るのではないかと思って足を運んだ次第であります。
image.jpg

さて、その虎杖浜。どこにあるんでしょうか。北海道太平洋側西部に位置し、登別と白老のちょうど境目あたりの白老側ということでしょうか。札幌からだと、下道で2時間半くらいでした。
虎杖浜c.jpg

虎杖浜というのは地区の呼び名でありまして、実際に水揚げが行われるのは「登別漁港」になります。なかなか大きな漁港で立派でした。
image.jpg

4:30ころ到着した時点で船はゼロ。天気も悪く、どうなることやら、、、と思っていたところ、5時くらいから一艘また一艘と漁船が入ってきました。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

しかし、どうやら、漁は行っていなかったようで、刺身の積み込みを行っていました。その時点で、今日は水揚げがないんだなぁ、と分かりました。しかし、まあ自然相手のことなので、仕方がないですね。岸壁いっぱいに漁船が付いて、出漁の準備をしているさまは、なかなか壮観でしたね。良いものを見られたと思いました。
image.jpg

image.jpg

image.jpg

ここで揚がるスケソウから取れるスケ子が最高級のたらこになるのか、と感じながら、一眠りして、次は虎杖浜にあるたらこの加工屋さんへ向かうのでした。




posted by DJカニ at 19:08| Comment(0) | 港巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。