2015年01月10日

子持ち昆布

子持ち昆布。
image.jpg

年明け、初めて自身で子持ち昆布をいじりましたね。札幌の中央市場の仲買さんから、塩子持ち昆布、カナダ産を買いまして。

子持ち昆布とは、昆布にニシンが卵を産みつけて固まっているものですよね。つまり数の子ってワケでさ。高級品なワケですよ。ネットとかで調べてみると産地はカナダ産が一番いいようですね。国産というのは無いようです。しかも、今では人造子持ち昆布まであるようですしね。やっぱり天然がいいですよね。

厚みのあるものが良いようです。これは測ってみると3cmもありましたね。ネットで販売しているものは2cmとかでもこれはすごい!みたいな書き方をしているので、これはもっとすごいんだなと感じてしまった。どやっ!って事。
image.jpg

まずは、塩抜き。1%の塩水を用意しましょう。そこに入れて、約3時間。そして水を取り替えて1時間。
image.jpg

これは厚みがあるので、輪切りにできます。贅沢ですね。薄く切ったり、サイコロ状にしてみたり。遊びこころですね。

塩抜きした状態のものを味見。この時点ではあまり味はしない、少し塩気がある程度がいいですね。プチプチ感がすごい。まあ、あれですね、イクラも味付けて染込ませる前はあまり味を感じないということと一緒ですね。
image.jpg

つまり、イクラを作る要領で、一晩タレに漬け込みます。子持ち昆布の水気をしっかり取ってタレに投入。浮いてくるので、ラップをしました。
image.jpg

タレ
昆布とカツオの出汁(カツオをよく利かせて)500g
酒120g
醤油90g
味見をして、塩を少し足してもいいかもしれません。

待ちきれない想いをなんとか、抑えて、、、翌日。
image.jpg

旨い!!味の改良は今後好みの配合を試してみれば良いでしょう。
image.jpg

見よ!この粒感。
image.jpg


ポリポリ!鮨にするなら薄めの輪切り、つまみとして食うならサイコロ状、ご飯ならその中間くらいでしょうかね。実に美味しいお正月を迎えることができましたね。市場で仕入れるとやっぱり良いものが、安く手に入るね!


【関連する記事】
posted by DJカニ at 17:04| Comment(0) | 魚卵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。