2015年05月02日

えりも産、活毛ガニボイル

えりもへ行ってきました。森進一の「襟裳岬」のところです。

えりもは、毛ガニの産地でもあります。シーズンは12月〜4月頃までなのです。襟裳の毛ガニの確認が遅れてたので、ちょうどいい。冷凍していない茹でた毛ガニがったので試してみました。写真が少なくて申し訳ないんですが、結論としては「いい感じ」でした。

色目に関しては、正直「少しくすんだオレンジ」と言ったところ。太平洋側の毛ガニはどうしても発色があまりよろしくない。しかし、それはオホーツクと比べて、ということなんだろうと思います。

問題は、身入りと味ですね。特にミソを注意して確認したいところ。

まずは、ミソ。思ったよりもいい感じです。DJカニの好きな黄色いカニミソがきちんと入っています。大丈夫です。味も非常に良い。問題にはならないですね。楽しめました。
image.jpg


身入りに関しても、良かったです。写真が少しくらいですが、方の部分がしっかり身が入っているのがわかると思います。味、食感もチルド品ならではのプリプリ感と瑞々しさが感じられます。カニの旨さもしっかりと確認。
image.jpg


えりもの毛ガニは、ちょうど冬にシーズンが来ることが「価値」につながっているんでしょう。流通などがオホーツクと全く異なるので一概には言えませんが貴重な産地。資源をしっかり守っていっていただきたいと思います。旨かったぜ!
そういえば、春先は虎杖浜でも毛ガニが揚がっていたような。。。ソワソワしますね!


posted by DJカニ at 01:00| Comment(0) | かに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。