2016年04月10日

魚屋さんを始める

こんにちは。ゴキゲンいかがでしょうか。DJカニはハァハァ言ってます。

今までこのブログを書いてきましたが(最近はちょっと滞っていたりもしたケド汗)、やっぱり俺は魚が大好きなんです。市場、浜に行くと鳥肌が立って止まらないんです。そして買いすぎるんです病。そして、みんなにも食べてもらいたいんです。魚の美味しさをわかってもらいたいんです。北海道の魚を知ってもらいたいんです。何故かはわかりません。でも、おそらく、大学時代に札幌から函館に移り住んで、その衝撃がすごかったんだろうな。なんじゃこの魚は!!ってさ。札幌にいるときは魚って苦いものだと思ってたのよ。

もともと、北大水産を出て、大学院も行って(酒ばっかり飲んでたケド)、大手水産会社(日本で一番売上げがあるトコ)に入りましたが、上司とケンカして辞めちゃってさ。今となっちゃ恥ずかしいんだけど。その後、一年社員育成コンサル的なところにいたんだけど、そのときに築地の横通った時に無い後ろ髪をひかれて「やっぱ魚だ」と気付いてね。そのときに魚屋をやろうと決めたんだ。今から7年前かな。

それで、商売するななら金を貯めなきゃ、と思って、製薬会社に転職したわけでさ。丸7年じっと準備してきたわけです。その間、丸腰で商売なんて出来ないと思って、最低限の知識を持ちたいと中小企業診断士の勉強をしたり、魚さばきまくったり、北海道の浜を回って魚を確認したり。その辺はこのブログにあるよね。

そのときに知った魚、食べ方、調理の仕方を、みんなに伝えたい。

時がきたのよ。

DJカニは魚屋を始めることにした。北海道の魚を浜から持って来てみんなに食べて欲しいんだ。こんだけ旨いモンがあるのに知らずにいるってのはもったいないっしょ。本当にそう思ってる。ただ純粋にそれを知ってもらいたいって思ってる。みんなに喜んで欲しい、んで、少しでも北海道の浜の役に立ちたいのさ。そう簡単でないことは分かってる。

だけど、他のやつに任してらんない。俺がやる。世の中に起業した奴なんて何万といるし、俺だってやって出来ないこともないでしょ。というか、やりたいならやればいいっしょ!俺はやるぜ!町の魚屋が無くっている今、俺の生きている意味がそこにあるんだろうと思う。そのために生きてる。

先は長い、深い、言葉にならないくらい。お前ならやれると、お前の変わりはいくらでもいると。俺はやりますよ、おれはやってやってここまで来た男です。byThaBlueHarb

北海道大学はフロンティアスピリッツなんだよ!



これが今の無職のDJカニの想い。誰が見てるか分からないけど。

Respect

posted by DJカニ at 09:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。